So-net無料ブログ作成

とにかく新鮮!「産直きゅうり」「産直キャベツ」「産直ブロッコリー」(青果) [野菜]

今日は野菜を紹介したいと思います!

「産直きゅうり」
「産直キャベツ」
「産直ブロッコリー」

IMG_0577.jpg

IMG_0563.jpg

いやいやー今週もりっぱなお野菜が届きましたー!
緑色が濃いですね[exclamation]

パルの農産物はというと・・・

1「コア・フード」

2「エコ・チャレンジ」

3「パルの産直産地で栽培された農産物」

の3種類です。
詳しくはパルのサイトで見ていただけたらと思うのですが、
簡単に説明すると、

1「コア・フード」
一般的に有機野菜と言われている物
化学合成農薬使用0回
化学肥料使用0kg

2「エコ・チャレンジ」
化学合成農薬、化学肥料を各都道府県で定められた基準の1/2以下に削減
パルが定めた農薬、除草剤、土壌くん蒸剤を不使用

3「パルの産直産地で栽培された農産物」
各都道府県の慣行栽培基準で栽培された物
つまり、スーパーで売っている一般的な野菜と同じ物
ただ、パルシステムと以下の4原則で「産直」という協定を交わしている
(※産直の協定とは1.生産地が明らか2.生産方法や出荷基準が明らかで履歴がわかる3.環境保全型、資源循環農業を目指している4.生産者や組合員相互交流ができることこの4原則に基づいて産直協定を交わしている産地は約380。これらの産地から出荷された商品のみを、パルシステムは「産直品」と位置づけている。すべての産地と栽培計画書を交わすなど、誰がどのように作ったものか、きちんとたどれる仕組みになっている。)


お値段は
1のコアフードが一番高いのですが、
2のエコチャレンジは、
スーパーで購入するより割高感はあるかな?

さあそれで、今回のきゅうりは
コアフードでも、
エコチャレンジでもない、
3番の「産直野菜」
なんですが、
生産者の方のコメントがこんな風に書かれていました!

IMG_0576.jpg

慣行栽培でも、いろいろ気を使って育てているのがわかりますね!


ちなみに、キャベツとブロッコリーの産地は

IMG_0565.jpg


パルの野菜を使っていて、
最初にびっくりして、いまだにすごいなあと思うことは、

「鮮度」!!![グッド(上向き矢印)]

とにかく新鮮です!!!
なので長持ち、痛まないんです!
冷蔵庫の野菜室で普通に入れているだけなんですけれど、
1週間は見た目も変わらない感じでもってます。
我が家ではたいていは1週間も野菜が残ってることがないのですが(^^;;
大きい白菜なんかは残ることがあって、
でも、長持ちなので、きちんと全部使いきれるんです。
新鮮なので、味も美味しい!と思います。
まあこれは、個人的な意見ですけれどね(^^;;
スーパーと同じ慣行栽培ですが、
買う意味はあるかなと、私は思っています。


以上、今日は産直野菜の紹介でした(o^^o)


【パルシステム】

食物アレルギーに配慮した商品をご自宅にお届け!









nice!(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。